海外でダイビングをするとなれば、飛行機にてかなり長時間に渡る移動が必要なので交通費がかなり高くついてしまったり、滞在に際しても日本ではない異国なので、言葉が通じずコミュニケーション面に支障があったり、日本よりも治安が悪かったりするので大変です。

しかし、沖縄ダイビングであればパスポートも不要ですし、日本ならではの非常に丁寧かつ親切なサポートを楽しめるダイビングショップも非常に充実しています。

shutterstock_216423463

沖縄はダイビングを楽しむ人が非常に多く集まる場所ですし、数々の世界の海を潜ってきた人やダイビング上級者からも意外と支持が熱いです。

また、女性の一人参加を歓迎しているツアーもあったり、ダイビングライセンス習得のためのツアーも一人で申し込まれる人は結構多かったりしますし、一人で気楽に楽しめる趣味を持ちたい人にとっても沖縄ダイビングはおすすめです。

ダイビングといえば泳ぎが達者でないと難しい先入観がありましたが、実際は海中での動きでは泳力はあまり求められないですし、自分の脚にフィンをつけられるので、軽い力でもたくさん進めたり移動出来るので、泳ぎが苦手な私でも大丈夫でした。

日本で秋や冬に伊豆などで潜ろうとしても海が荒かったり、寒さで快適にダイビング出来なかったり、良い生き物と出会えなかったりすることはありがちです。

しかし、沖縄に来れば夏以外であっても一年中常に温暖という嬉しいメリットがありますし、沖縄の海は鮮やかなエメラルドブルーに輝いていて、本当に水質がとても綺麗です。

一般的に本州で見ていた海を想像していたのですが、沖縄の海は非常に輝いて透き通っており、あまりの違いに驚いてしまいました。

サンゴ礁など、他の日本の海岸では見れない自然もたくさん観察することが出来たり、亜熱帯の温暖なエリアにしか生息していない珍しい魚とも出会えたり、シーズンによってはホエールウォッチングやマントを観察出来たりもするのです。

最近は格安のツアーを打ち出すダイビングショップもかなり増えてきています。

ダイビングに必要な機材は全て貸し出してくれたり、小柄な女性や子供さんでも着られるウェアをレンタルしてくれる点も、沖縄ダイビングの安心感です。

沖縄旅行の思い出作りの一環としても、案外気軽にダイビングは楽しめますし、海の中の世界は本当に神秘的で美しいので、人生で一度は味わっておいても損はないと思いました。

私は体験ダイビングで何度も沖縄の海へ潜り、那覇から1時間以内で行ける離島を巡ったり、青の洞窟に行ったりしたことがあります。

那覇近辺にも本当に多彩な離島やダイビングスポットがあるので、沖縄ダイビングはリピーターも多く、何度行っても飽きることが少ないものです。